LIVEはナマモノ一期一会

ただただ感想を垂れ流すところ。ライブ、舞台も最近観てる。

氷艶2019 月光りの如く 鑑賞メモ(感想) 2019/7/28夜公演

氷艶2019

 

個人的には金曜初回に続き2回目の鑑賞。


2回目の今回は、前回「なんなのすごい!!」と見せつけられた頭中将こと福士誠治さん激推し視点で観てきました。

画面広過ぎて全体が追えないので今回は極力双眼鏡我慢して全体的に引き気味で観るようにしてました(と言いながらも双眼鏡大活躍でした)

 


f:id:p_pk:20190728223022j:image

 

初日公演の感想はこちら

氷艶2019 月光かりの如く 感想ネタバレ有り(7/26昼公演) - LIVEはナマモノ一期一会

 

 

はじめに
 

※演出に関するネタバレ的な言及めっちゃしてます。
※ぶわーっと書いてるので表記ゆれまくってるし時系列も適当ですがよしなに。

※要するに完全なる個人の感想です。

※非公開で書いたものを転載、再編集していますので…もし文章や今までのライブ履歴に見覚えがあれば、そうです、私なので察して下さい。

※あとから思い付いたらしれっと追記、編集すると思いますがよしなに

 

 

感想

 

早速ですが推しの福士さん。

狩りのシーンで光源氏と朱雀が華麗に舞っているときに、視界の端っこで頭中将と名もなき側近ぽい人がノリノリでステップ踏んでるんですよ…前回は視界端っこでしか見れなかったからガン見しましたなにあれかわいい。

 

ほかにも光源氏と絡む各シーンで普通にするする滑ってたりするっと回ってるのよ、なにあれ??

ていうかスケート靴履いて歌って踊って殺陣までこなしちゃう(違和感ゼロ)とかなんなのすごすぎ、でもこれも光源氏たちの後ろでしれっとやってたりするからうっかりすると見逃しちゃう。
推したいので他の出演作もっとくれ(チョロい)

 

 

波岡さんもやっぱり存在感すごくて本当にすごい(語彙力)


パンフレット見ると、元々殺陣やスケートもやってらっしゃったらしい…っていうかその経歴自体が何者っていう…!!

で、じゃあ経験があるってだけであの存在感出せるかって絶対違うやん?他の出演作もっと(略)

 

 

荒川さんは例によって、突然しれっとイナバウワー。
私の記憶が正しければ、初日はいきなりすぎて「えっ?今イナバウワーした??」ってなるぐらいサラッとされていたので拍手もほとんど起きていなかった気がする。


けどさすがに千秋楽、しっかり拝見して拍手も起きてた。おかわり組としては絶対に見逃すまいという強い意志でガン見させて頂きました。

 

 

ランビエルさんやユリアさん、鈴木明子さんはお声が聴けなくてちょっと残念だったけど、よくよく見ると表情ですごい演技されてて、さすが表現のプロたち。
最後、朱雀(ランビエル)が母に手をかけたときの悲しそうな顔なんてもう…

 

 

※追記 調べてみたらランビエルさん、ご本人の声で台詞仰っていたぽい…!すみませんでした!

 

朱雀という名のとおり(?)朱いお着物も素敵でした。

 

 

柚希さんの男前ワールドも最高でした。
というか柚希さん登場した瞬間の歓声は心なしか1オクターブ高い「キャァァァ」だったような気すらする。男前。

 

スケート靴のまま歌って踊る素晴らしさもさることながら、スケート靴を脱いだあとの本領発揮っぷりはもう、もう全部柚希さんのターン!

 

柚希さんのターンからの、めちゃうま福士さん、本業の方々にも引けをとらない髙橋くん、村上佳菜子ちゃんまで歌って踊れるなんてもう…
髙橋くんもしれっと違和感なく殺陣やってるし。

 

2回目だからこのシーンあるのわかってたけど、わかってるだけに、少し前の頭中将と源氏の再会シーンあたりから既に鳥肌立ってた。

 


そういえば昨日の感想、柚希さん1幕で登場したような書き方してたけど間違えてたわ、2幕からの登場だったわ…
ほんとこれメモとか取る暇もないほど視線が忙しいんだけど、めっちゃ的確なレポ書いてる人すごすぎどうなってるんやろ…そんなこと言ってるあいだにもいろいろ忘れてそうな気がする悲しい

 

 

織田くんのワイヤーシーンも今回ちょっと引き視点で観てたんだけど、光のあて方が上手いというか、影が綺麗に映えてて、妖しさを増してた。

 

というか、よくよく考えたらこの作品においては織田くんの陰陽師って話の鍵は握ってるかもしれないけどぶっちゃけチョイ役なんですよ?チョイ役なんだけど、出てきた瞬間からめちゃめちゃ存在感あるやん?めっちゃ似合うし!!

 

陰陽師といえば、水晶玉のシーンはそのまんますぎてちょっと笑いそうになった(水晶玉に映っている体で、丸い枠から光源氏本人が登場する)


でもここのシーン、何がって説明できないんだけど初日とちょっと違うような…初日はもっと長かったような気がしたけど気のせいかな。わからん…

 


違うような、といえば…蛇足とは思いながらも最後のシーンもなんとなく駆け足だったような?内容わかってたから早く感じただけかな。
でもどちらにしても、もう松本さんのギターサウンドは始まっていたので曲とセリフのタイミング合わせるのってめっちゃ難しいんやろなあって。

 

 

本編終了後も、千秋楽らしくカーテンコールはめっちゃ盛り上がってたし、何より役者さん同士めっちゃ仲良さそうにイチャイチャされててほんとありがとうございます。


幕が降りる直前に、個人的に推したい福士さん、波岡さん、柚希さんの男前3人組がスクラム組んでたの最高でしたありがとうございました。

 

 

うっかり2公演チケット取れてしまったけど、いや行って良かったわ!!なんならまだまだもっと見落としてそうな気がめっちゃする…。
今日はTwitterで同伴の方探したけど、いろいろ舞台も観られてる方でお話ししながら楽しめたのも良かった。


ていうか、こんだけのボリュームでスタンド席9000円って安すぎない?実質無料!?

約2時間半あっという間。
終了後もグッズ売ってたけど、とりあえず前作の円盤を会場で販売すれば買うのに!と思いました!!